/ オガワサチヨ

流行りのファッション、メイクやコスメ、ダイエット、そんな外側の美しさを追いかけた時代から、身体の内側のケアで美しくなろうとする“インナービューティ(内面美容)”の時代へ。 
今、美の価値観は、新しいフェーズへシフトしています。 

ブームに乗せられた“美”と“健康”の追求ではなく、身体の土台から健康づくりをし、年齢を重ねてもずっと美しくいるために、私たちがご提案するインナービューティは、ただ栄養素を入れるだけではなく、体内に蓄積した不要物の排出の重要性にも着目。 
多角的なアプローチによって、より効果的に美しさと健康の追求が可能になりました。

1. 欧米で医学的な研究も!インナービューティ(内面美容)で生涯ずっと美しく

インナービューティ(内面美容)とは? 

インナービューティ(内面美容)とは、身体の内側つまり内臓やメンタル面の調子を整えて、身体の中も外も美しくなることを目指す、欧米をはじめ世界で注目されている美容法です。

いわゆる、体を温めて冷えを改善する「温活」や、腸内環境を整える「腸活」も、インナービューティに分類されますが、私たちはさらに総合的な観点でとらえ、  

インナービューティ(内面美容)
 =食事、サプリメント、ファスティングなどを中心とした「健康を基本とした美容づくり」と定義しています。  

「良いものをしっかり摂る」それだけでは不足な理由 
インナービューティは主に「胃腸」にアプローチ 

インナービューティ(内面美容)とは、身体の内側つまり内臓やメンタル面の調子を整えて、身体の中も外も美しくなることを目指す、欧米をはじめ世界で注目されている美容法です。 

いわゆる、体を温めて冷えを改善する「温活」や、腸内環境を整える「腸活」も、インナービューティに分類されますが、私たちはさらに総合的な観点でとらえ、 
=食事、サプリメント、ファスティングなどを中心とした「健康を基本とした美容づくり」と定義しています。 

「良いものをしっかり摂る」それだけでは不足な理由 
インナービューティは主に「胃腸」にアプローチ 

インナービューティは、食事を通して内側から健康な身体づくりを目指すこと。 
つまりインナービューティにおいて、主たるアプローチ対象は「胃腸」となります。 
インナービューティを効果的に行うには、どのような食物を摂取するか、いかに胃腸の健康を維持するかがとても重要になります。 
摂取する食事内容の重要性はすでによく知られており、これは飲食したものが胃腸で消化吸収され、栄養素が全身に巡って、細胞の活動や再生をサポートするため。
摂った栄養素に過度な過剰や不足、偏りがあれば、身体の健康・美容は目指せません。 

食事で有害物質も入り込む 

とはいえ、摂取する栄養素の種類や量のみを注視していれば良いわけではないのは、私たちが日常的に口にする食べ物には、食品添加物や農薬、有害ミネラル、遺伝子組み換え食品、環境ホルモン、放射性物質、硝酸性窒素などが含まれているものが非常に多く、それらを完全に避けて過ごすのは非常に難しいのが理由です。

食品添加物や農薬、有害ミネラルなどは、本来、人体に備わっている排出機能により、汗・尿・便となって排泄されます。
しかし、そもそも排出されづらい物質であったり、栄養バランスの悪い食生活による排出機能の低下によって、有害物質はどんどん体内に蓄積され、消化器官はますます疲弊し、せっかく摂った栄養素も、十分に消化吸収されなくなっていきます。

このため、インナービューティの効果的な実践には、身体に必要な栄養素の摂取とともに、排出機能を取り戻し、蓄積した有害物質などを体外に出すことが重要なのです。

腸内環境の改善がメンタルの安定にも寄与

さらに腸は、カラダの健康だけでなく、メンタル面にも大きく影響します。 
人の「腸内環境」と「メンタル」は密接にリンクしていて、どちらかが悪化するともう一方もそれに引きずられるように悪化し、またその逆も同様に作用する連動した関係です。 

私たちが「幸福感」を感じるためには、「幸せホルモン」「幸福物質」ともいわれるセロトニンやドーパミンが正常に分泌されていることが、重要な条件です。

しかし、過度なストレスによって腸内環境が悪化すると、セロトニンやドーパミンの合成が阻害されるため、イライラや落ち込み、不安やモチベーションの低下を招き、ストレスがより肥大化するという悪循環に…。 
この悪循環を断つことも、インナービューティの目的の1つです。

インナービューティ(内面美容)によって期待できる効果 

インナービューティ(内面美容)によって腸内環境が整えられると、「免疫力」と「代謝」が向上します。

免疫力アップによってもたらされる効果 

  • 疲れにくくなる
  • 風邪をひきにくくなる
  • 朝の目覚めがスッキリ
  • 花粉症やアレルギー症状の緩和・改善 
  • 基礎体温の上昇 

代謝アップによってもたらされる効果 

  • 痩せやすい体質へ
  • 肌のハリ・ツヤが増す
  • 健やかな髪の毛が生える 
  • 肩こりや腰痛の緩和・改善
  • 冷え性の緩和・改善 

2. 実践!インナービューティ3つのポイント 

インナービューティ(内面美容)では、腸内環境を整えながら体質改善し、健康的な美しさを目指すために、3つのポイントがあります。

インナービューティ実践ポイント1|食物酵素が豊富な野菜・果物を摂る 

美容・健康の促進のために、栄養バランスのとれた食生活は大前提ですが、インナービューティにおいては、特に「食物酵素」を多く含む食材の摂取を重視しています。 

野菜や果物には食物酵素が豊富に含まれ、その他のビタミン・ミネラル類、食物繊維などとともに、インナービューティに寄与。
ただ、食物酵素は加熱に弱いため、より酵素が多いのは未調理の生なのですが、消化器官に負担がかかるため、加熱調理したものも一緒に摂ります。

インナービューティ実践ポイント2|食物酵素が豊富な発酵食品を摂る 

発酵調食品は、カビや酵母、細菌といった微生物が、食材に含有されるデンプン、糖、タンパク質などを分解する作用によって、新たに作られる栄養価の高い食品で、食物酵素を豊富に含んでいます。
さらに、腸内で善玉菌のエサとなって善玉菌を増やす乳酸菌も多く、納豆や味噌は植物性乳酸菌が豊富な代表例です。
【発酵食品の代表例】 
納豆、キムチ、醤油、味噌、ぬか漬け、ピクルスなど 

≪TOPICS≫ 

野菜・果物、発酵食品に含まれる「酵素」が美しさのカギ 

野菜や果物、発酵食品を食べる最大の目的は、その中に豊富に含まれる「酵素」を摂ることです。 
て代謝が低下し、腸内環境の悪化、肌荒れ、肥満のほか、免疫力の低下の要因にもつながりかねません。 

地味だけど無視できない「酵素」の働き

私たちの体内に、約5,000種類も存在するといわれる酵素。 
酵素は、大きく「消化酵素」「代謝酵素」「食物酵素」の3種類に分けられます。

消化酵素の役割 

消化酵素は食べたものを体内で消化し、栄養素の摂取のために必要な酵素。 
主に、次の3つがあります。 

  • アミラーゼ:デンプンを分解 
  • プロテアーゼ:たんぱく質を分解
  • リパーゼ:脂肪を分解 

これらは、人の体内でも食事によって消化酵素として分泌されますが、不足すると、体内でスムーズな消化・分解ができなくなるため、外側の美容(スキンケアや痩身)をしても、十分な結果を得ることは難しいでしょう。 

代謝酵素の役割 

代謝酵素には、消化酵素によって栄養素がエネルギーに変換されたものを、体内でスムーズに活動させるためのサポート的役割があります。 
運動や呼吸、脳での思考、老廃物の排出、病原菌やウイルスへの抵抗、肌の新陳代謝といった、人体の生命活動において不可欠な存在です。

消化酵素と代謝酵素はとても緊密な関係にあり、食べすぎや消化の悪いものが多い食生活によって消化酵素が大量消費されると、代謝酵素も減少します。 
また、病気によっても代謝酵素が大量消費されますが、同時に消化酵素も減少します。

食物酵素の役割 

食物酵素は、新鮮な生野菜やフルーツ、刺身などの生鮮食品のほか、納豆やヨーグルトといった発酵食品に多く含まれ、消化酵素を節約することで代謝酵素の量を増やしたり、代謝酵素そのもの働き(新陳代謝アップ、解毒作用、免疫力向上など)をサポートし、活性化させる役割があります。

インナービューティ実践ポイント3|ファスティングを行う 

 ◆ ファスティングとは? 

体内に溜まった毒素や老廃物を排出させるには、デトックスする必要があります。
ファスティングは、飲食をセーブすることで内臓を休ませ、元来の排出機能を取り戻そうというもの。
ファスティングの実践によって、老廃物の排出と同時に、腸内環境も整えられます。 

ファスティングとは、もともと「断食」という意味ですが、全く何も飲食しないわけではなく、決められた期間だけ固形物を摂らないというもの。 

単にダイエット目的だけでなく、消化器官を休ませることで体内がクレンジングされることから、美容と健康、両方の促進に役立つ方法として、欧米を中心に科学的な研究が盛んに行われています。 

ファスティングで期待できる14のメリット 

ファスティングのポイントは次の2点です。
・固形物を摂らない 
・ビタミン・ミネラルの栄養素は不足なく摂る 
これにより、次の14のメリットが期待できます。

  1. 体脂肪の減少 
  2. 溜まった毒素の排出
  3. 肌がきれいに 
  4. 腸をきれいに 
  5. 免疫力がアップ 
  6. 慢性便秘の改善
  7. 食生活の改善
  8. 味覚が正常になり、食事がおいしくなる 
  9. 血液をサラサラに 
  10. 疲労感がとれてスッキリ 
  11. ストレスの軽減 
  12. 肩こりや腰痛の軽減 
  13. 寝つきがよくなり、睡眠不足も解消 
  14. 冷え性の改善 

※ ファスティングには多くのメリットが期待できますが、正しい方法で行うことが前提となります。

ファスティングの主目的は「胃腸の休息」+「排出」 

インナービューティにおけるファスティングの目的は、食事量を抑えることによるダイエットだけではなく、胃腸をはじめとした内臓を休めることで排出機能を高め、デトックスすることにもあります。 

見過ごせない有害物質の毒性 

日ごろの食事を通して体内に入った、食品添加物や残留農薬、有害ミネラル、遺伝子組み換え食品、環境ホルモン、放射性物質、硝酸性窒素などは、活性酸素を発生させて、腸内環境を悪化させたり消化不良を引き起こしたり、ミトコンドリアの不活性化による代謝力を低下させたりと、美容健康に深刻な影響を与えます。 

「食べ過ぎで太る」カロリー以外の理由 

また、ファストフードや白砂糖の多いスイーツ、マーガリンなどのトランス脂肪酸などは、それ自体カロリーも高く食べ過ぎれば、美容と健康に悪影響。

 しかし、それだけではなく消化にエネルギーを割かなければならず、消化酵素が大量に消費され、解毒やターンオーバーなどの代謝活動を担う代謝酵素が大幅に不足し、痩せにくい体質に傾き、少々のダイエット程度ではなかなか効果があらわれません。 
そのため、ファスティングで消化器官を休ませて、代謝酵素の増加を促す必要があるのです。 

まとめ 

酵素は、体内で生成される量は決まっており、加齢とともに生成量は減っていくうえ、偏りがちな食生活や過度なストレスでも、体内で酵素の生成が阻害されてしまうため、酵素を積極的に摂り続けることが重要。
1日の必要量をずっと食べ物で摂ることは難しいため、酵素ドリンクやサプリメントの利用が、継続しやすく効率的です。